多汗症の悩みを撃退【効果的な治療が受けられる美容外科クリニック】

女性

長年の悩みとおさらば

脇

プチ整形の時代です

近年、美容整形の敷居が低くなり、気軽に美容整形を受ける人が増えてきています。その背景として、「プチ整形」の流行があります。この流行のおかげで、メスを入れて顔や体をいじる、というのだけが整形ではなく、埋没法による二重手術や、ヒアルロン酸の注入など、美容整形は手軽にできる、という認識が増えてきました。また、顔だけではなく、体の整形も近年流行しています。その一つに「多汗症」の整形、があげられます。多汗症とは、手のひらや脇の下など汗をかきやすい部分に、大量の汗をかいてしまう症状のことです。原因としては多岐に渡り、他の病気によって発症してしまうケースや、先天的な体質からその症状があらわれてしまう、というケースもあります。人によっては、手から汗が滴り落ちるほどに汗をかいてしまう人もいます。それによって、仕事中に大事な書類を濡らしてしまったり、恋人に指摘されて嫌な思いをしたり、汗による匂いが気になってうまく人と付き合うことができない、など、様々な問題を引き起こす症状です。しかし、この頭を悩ませる疾患も、整形手術で簡単に治療することが可能です。では、多汗症の整形治療には、どのような方法があるのでしょうか。治療方法やメリットについて紹介します。

メリットがたくさん

多汗症の整形は、まず検査と診断から始まります。多汗症はその性質上、目で見たり、触れたりするだけで、簡単に疾患と判断することができます。自分でも、緊張するとすぐ汗をかいてしまう、服にできる汗ジミが気になる、汗の匂いが気になる、など、自覚症状もはっきりしているので、気が付きやすい疾患であると言えます。治療方法は、症状により多岐にわたりますが、一般的なものとしては外用薬による塗布治療、ボトックスの注射、などがあげられます。塗布治療に関しては、自分で患部に薬を塗るだけなので、とても簡単にできます。医者へ通うこともなく、手術もしないので、気軽に行うことができ、比較的症状の軽い人には適した方法です。ボトックス注射に関しては、特別な成分を、注射器で患部にそのまま注入する治療方法です。施術はこれだけで、高い効果が得られます。効果は永久的ではないので、継続治療が必要ですが、一度の施術で3ヶ月程度は継続効果が得られ、また再治療は10分程度で終了する簡単なものですので、継続も簡単です。また、料金に関しても、治療方法によって異なりますが、50,000円〜30,000円ほどで、お財布にも優しく、整形の敷居を低くする要因のひとつとなっています。